ブリスの施工方法

施工準備

都心部では洗車場が減ってきていたり、マンション等の集合住宅では、洗車場の確保が困難な場合があるかもしれません。ブリス施工には、どうしても水道水が必要なので、ない場合は、いい洗車場を見つけてみてください。

 

まず、天気予報をチェックしましょう。

 

ブリスが常温硬化するまで48時間かかりますので、施工後の2日間くらいは、雨を避けたいです。また、強風の日も、出来れば避けた方がいいです。洗車をしている時に、ホコリがボディ表面に付着しますので、拭き取り時に予期せぬ小キズがついてしまうこともあります。

 

そして、ブリス施工前に、準備するものです。

ブリス施工

 

・水道水
・ブリス
・洗車用スポンジ
・ブリス用スポンジ
・マイクロファイバークロス (超極細繊維クロス)

 

※水道水が、十分に使える場所を確保してください。
※井戸水は、成分によりボディーに影響がある場合があるため、使用しないでください。

施工手順

ブリスの施工手順は、とてもシンプルです。

 

(事前準備)
まず、しっかりと洗車をしておきます。
参照: はじめてブリスを施工する前に

 

※おすすめは、ブリス専用シャンプー、コンディショナーを使用しての洗車です。
※ボディの状態に応じて、下地処理をすることをお薦めします。(塗装面が明らかに荒れている場合は、施工しないでください。)
※洗車後は、水を拭き取らず、そのままにします。

 

1. 洗車後、ボディーがの濡れ状態でブリスを吹きつけ、スポンジでのばします。

 

※使用前に、ボトルをよく振ってから、吹きかけてください。
※ライト、ホイール、各プラスチックパーツ、未塗装バンパー等にも施工できます。

 

2. 水で余剰成分を洗い流します。

ブリス施工

 

※多めに水をかけても、ブリスのコーティング成分は流れ落ちませんので、ご安心ください。
※ブリスを伸ばした後、放置せずに、水をかけると、スムーズに施工が進められます。

 

3. 付属のマイクロファイバークロスで拭き取ります。

ブリス施工

 

※付属の極細繊維クロスをご使用下さい。
※クロスを洗いながら行うと、綺麗に仕上がります。
※「スーパーゴールドクロス」は、より高い仕上がりを求める方、濃色車にお薦めです。

 

施工後1週間から10日後に、洗車・ブリス施工をしてみると、いままでと車の輝きが違うことにお気づきになるはずです!

関連製品: Yahoo! ショッピング

Yahoo!プレミアム会員(月額462円/税別)になると、いつもポイント5倍だけでなく、毎月5のつく日キャンペーン(5日、15日、25日)でも特典があります。

 

ブリスtypeRS 効果期間12ヵ月以上! 自己修復性 耐スリ傷塗装対応
ブリスNEO 240ml 効果期間約12ヶ月!汚れが落ちやすくなる特殊被膜も重合
ブリスX 280ml 効果期間約9ヶ月!疎水性の被膜を形成するコーティング剤
ブリス 320ml 効果期間4.5ヶ月!元祖・ガラス繊維系コーティング!

洗車後、ブリス施工、拭き取りまで

はじめてブリスを施工する時に戸惑ってしまうかもしれないことは、洗車後、水を拭き取らずに、ブリスを吹きかけることだと、よく聞きます。では、その様子はどのように見えるのか、シルバーの塗装面の写真で説明したいと思います。

 

1. 洗車後
まず、汚れをしっかり落とし、塗装面を綺麗にします。汚れを落とすと言っても、ゴシゴシ洗ってしまうと塗装面が傷ついてしまうことがあります。そうならないように、カーシャンプーでしっかりと泡立て、水を十分に使って洗車をしましょう。

 

一気に洗車をして水を流すのではなく、各部位毎にスポンジで洗って水を流す、という容量で洗車をすることをお勧めします。たとえば、ルーフ→ボンネット→バンパー→右側ドア→リアトランク... といった感じです。

 

スポンジが汚れた場合は、こまめに洗いながら洗車をします。(ホコリ等で塗装を傷つけてしまうこともあります。)

 

ブリスコーティング

 

2. ブリス吹きかけ
ブリスを吹きかけると、いままで塗装面にあった水滴の形状が変わったことに気が付くと思います。
※ブリス typeRSを使用しています。

 

ここで大切なポイントは、かけ過ぎないということです。水滴の形状が変わったことが感覚的にわかりますので、ついつい、たくさんのブリスを吹きかけてしまうことがあります。そこは、少し自重して、施工方法に記載されている手順に従って、作業を進めましょう。

 

ブリスコーティング

 

3. スポンジでブリスを伸ばす
スポンジでブリスを伸ばすと、輝きがいままでと「何か違う」ことに気が付いてくるはずです。

 

スポンジで伸ばす作業は、あまり時間をかけず、スムーズに行いしましょう。乾いてしまう前に、終わらせた方が、拭き取りが楽です。特に、夏季の作業時、直射日光が当たっている時間帯の作業時には、特に気をつけてください。

 

ブリスコーティング

 

4. 水をかけた後、拭き取り
ここも、「本当に大丈夫か!?」と思われるところですが、洗い流しても、ブリスは落ちませんので大丈夫です。あくまでも、ここで洗い流されるのは、ブリスの余剰成分のみです。

 

ブリスコーティング

 

拭き取りは付属のマイクロファイバークロスを使用するか、写真にあるように別売のゴールドクロスを使用することを推奨します。ゴールドクロスで拭き取ってみると、吸水性が高いので、拭き取り時間を短縮できるだけでなく、仕上がりもより良くなることがよくわかります。

 

5. 拭き取り後
拭き取り直後でも、輝きが違うことがよくわかりますが、本当の輝きの違いを体感できるのは、ブリス施工の1週間後か10日後です。

 

ブリスコーティング

 

それまで、楽しみにお待ちください!